神戸・大阪・岡山 たった2つの質問に答えていくだけで運命がかわります。
ストレスクリアコーチング等、様々な心理療法を取り入れた
”ソウルメイトメソッド”で、運命の人に出会い、最高の人生を手にいれませんか?
大阪市中央区平野町3丁目3−7
  1. 24個のリミッティング・ビリーフ

24個のリミッティング・ビリーフ

ビリーフチェンジセラピーにおける、24個のリミッティング・ビリーフ(制限を作りだす思い込み)とは?

幼少期に両親からネガティブなメッセージを与えられると、子どもはそれをあたかも絶対的な真実であるかのように思い込んで心の中に取り込んだ後、いずれは外的に与えられたものであることさえも忘れて無意識化してしまいます。

それが「リミッティング・ビリーフ(制限を作り出す思い込み)」となって、後々、人生の大きな悩みや心理的トラウマとなって表出します。

 

以下に、セラピーの対象となりうる代表的な24のリミッティング・ビリーフと、関連する主な症状、刷り込みの場面を示しています。


参考になさってくださいね。

《精神・身体》に関するリミッティング・ビリーフ(4-2) 《正気であってはいけない》

 

【主訴】

 

《正気であってはいけない》を持つ者は、「無意識に自分で自分を追い詰めて気を狂わせようする」「変わった言動によって周囲の注目を集める、周囲をコントロールしようとする」といった特徴を示す。

 

* 気がおかしくなりそうになることがある

 

* (無意識に)自分で自分を追い詰めて、気を狂わせようとする

 

* 自分の気がおかしくなりそうなほどの絶望的な悲しみや恐れを覆い隠すために怒りや憎しみを持ち、自他を傷つける

 

* 変わった行動や発言をして、注目を集める

 

* 暴れたり、叫んだりして、周囲をコントロールする

 

* 人から「あなたは変わっている」「あなたは変だ」と言われると嬉しい

 

* 「私は他の人と違って、どこか変わっている」と感じている

 

* 人がやらないような職業に就く

 

* 性的に変わった趣味を持っていたり、「自分は変態ではないか」と思うことがある

 

* 動物を虐待したり、殺したくなる。または、実際にやっている

 

* 統合失調症などの精神病を持つ親の子どもが、本人は精神病でもないのに、精神病者と同じように現実を歪曲して認識したり、おかしな発言や行動をする

 

* ことさらに普通に振る舞っている感覚(「私はスーパーノーマルです」)

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

もし子どもが頭がおかしいかのような行動をしたときだけ周囲から注目されたり、他人の頭のおかしな行動の真似をしても矯正されないとき、《正気であってはいけない》が刷り込まれる可能性がある。

 

精神病の親や親戚の言動をお手本にして身につける場合もある。

 

統合失調症の親を持つ子どもの中には現実の認知に困難を伴う場合があるが、これは親からの《正気であってはいけない》のメッセージの影響である。

 

そうした子供たち自身は、本当は精神病ではないため、サイコセラピー(心理療法)で矯正することが可能である。

 

* 頭がおかしいかのような発言や行動をしたときだけ、人からほめられたり、注目をしてもらえた

 

* 統合失調症等の精神病を持つ親や親戚のおかしな発言や行動を真似しても誰からも直されなかった

 

* 両親から愛してもらえない事実に直面して気が狂いそうになるほどの絶望的な悲しみ、恐れを感じ、そうした絶望的な悲しみや恐れを感じなくても済むように、自分や他人に対して怒りや憎しみを持つようになった(「私はいたって普通だ。お前は私の気をおかしくさせる気か!」)


【主訴】

《考えてはいけない》を持つ者は、「誰か他の人が代わりに考えてくれるから、自分は考えなくてもいい」と心のどこかで思っている。

そして、自分の意見を求められたときや、何か問題が起こって解決方法を考えなければならないときに、頭が混乱してパニックを起こす。

考える作業に対して苦手意識を持っていることが多い。

《考えてはいけない》が派生した形として、《自分が考えたいように考えてはいけない(誰かが考えるように考えないといけない)》や《特定のことについて考えてはいけない(お金、遊び、仕事、セックス等)》がある。

「結論が出ないように、一番大事なところは考えないようにして、あまり関係のない周辺のことばかりを考える」「どのように考えるのが一番良いか、考える方法を考える」という者もいる。

* 自分の考えを求められたり、考える場面になると、頭の中が真っ白になる、頭が混乱する

* 自分の意見がない

* 自分で決められないので、「どうしたらいいですか?」と人によく聞く

* 考える前に感情的になってしまう。たとえば、キレる、悲しくなる等

* 考えることを後回しにする

* 特定のこと(お金、遊び、仕事、セックス等)について考えられない

* 「私は考えるのが苦手」「私は頭が悪い」と思っている

* 結論が出ないように、一番大事なところは考えないようにして、あまり関係のない周辺のことばかりを考える

 

【刷り込みの場面】

「他のことはお母さんが考えるから、あなたはただ勉強して、いい学校に入ることだけを考えていなさい」のように、子どもの考える能力を禁止したり、低く評価する親によって刷り込まれる。

何でも先回りをして子どもに指示を出す過保護で過干渉な親との関わりを通して、子どもが自分で考えるのを止めてしまう場合も多い。

考える前にすぐに感情的になってしまう「考えられない親」をお手本とする場合もある。

* 「ああしろ、こうしろ」と指示的で支配的な親に育てられた

* 「あなたは私の言う通りにさえしていればいいのよ」「お前は私の言う通りにしないと失敗するよ」というタイプの親だった

* 自分で考えたことに対して、親が否定的、批判的だった

* 自分の考えを馬鹿にされたり、笑われたりした

* 「○○(お金、遊び、セックスなど)のことは考えてはいけない」と教育された

* 感情的になりやすい親だった(考えられない親)

《精神・身体》に関するリミッティング・ビリーフ(4-3) 《感じてはいけない》《自分が感じたいように感じてはいけない》《特定の感覚、感情を感じてはいけない》

 

【主訴】

 

感情を感じない場合と、身体的感覚(痛み、空腹等)を感じない場合の2種類がある。

 

さらに、感情を感じない場合は、そもそも感情を感じない場合と、感情は感じるけれども、それを表現できない場合の2種類に分かれる。

 

また、感情を感じない場合には、いかなる感情をも感じない場合と、「男の子は泣いてはいけません(→「悲しみ」の抑圧)」「女の子が怒るなんてはしたない(→「怒り」の抑圧)」のように、「悲しみ」や「怒り」といったある特定の感情のみ禁止する場合との2種類がある(後者の方が多い)。

 

* 「怒り」「悲しみ」「恐れ」「喜び」「幸せ」を感じない

 

* 自分の感情がわからない

 

* 周りの人の感情に合わせてしまう(「あーそうよね」)

 

* 人と同じ感情を感じてしまう(同一化)

 

* 思考ばかりしている

 

* 周囲の出来事に対して、いつも第三者の立場で客観視している

 

* 代理感情を使う(たとえば、「悲しみ」を抑圧して、その代わりに「イライラ」する。「怒り」を抑圧して、その代わりに「ニコニコ」する等)

 

* 痛みや満腹感、空腹感、味覚(甘い、辛い)といった「感覚」を感じない

 

* 摂食障害(《自分が感じたいように感じてはいけない。母親が望むように感じなければならない》というリミッティング・ビリーフによって自分の感情を抑圧している女性が、過食・嘔吐を繰り返すことによって、感情を抑え込んだことによるストレスを発散する)

 

* 心身症、自律神経失調症

 

「怒り」の抑圧: 「胃痛」「神経性嘔吐症」「頭痛」「腰痛」「かゆみ」「不整脈(心臓関連)」

 

「関節リウマチ」「突発性難聴」「失声」等

 

「恐れ」の抑圧: 「何も感じなくなる」「強迫観念」「強迫行為」「潔癖症」「恐怖症」等

 

「悲しみ」の抑圧: 「自律神経失調症」「頭痛」等

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

《感じてはいけない》は、自分自身が感情を我慢して抑え込む親によって刷り込まれることが多い(「人前で感情をあらわにして、取り乱してはいけません」)。

 

家庭によってはあらゆる感情の表出を禁止する場合もあるが、もっとも多いのは、ある特定の感情のみを禁止されていて、他の感情は許されている場合である(「男の子は泣いてはいけません(→「悲しみ」の抑圧)」「女の子が怒るなんてはしたない(→「怒り」の抑圧)」等)。

 

身体的な感覚を《感じてはいけない》は、しばしば乳児期の早期に刷り込まれるもので、強力に刷り込まれると精神病や深刻な問題となって現れる可能性がある(たとえば、空腹感を禁止された子どもが摂食障害になる等)。

 

* 親から特定の感情を感じることを禁止されていた(「男の子は泣いてはいけません」「女の子は怒ってはいけません」)

 

* 親が感情的になる人を否定していた

 

* 親のために感情を表すことをがまんした(「私が泣くと、病気のお母さんが辛くなるから」)

 

* 親の感情の面倒をみてきた(母親がうつ病だったので、私はいつもニコニコして何でもないように振る舞った)

 

* 感情を出すと抑えが効かなくなる自分に恐怖を感じた

 

* 感情を出したときに笑われたり怒られたりした

 

* いつも怒ってばかりいる短気な親が怖かった(「怒ることは悪いこと」と決めた)

 

* いつも怒ってばかりいる短気な親が嫌だった(「私は絶対に怒らない」と決めた)

 

* いじめや虐待を受けて、あまりの辛さから、すべての感情・感覚を抑圧する(感じないようにする)ようになった

 

* 両親が感情を自然に表現しない人だった

 

* 両親が幸福感を感じたり、ものごとを楽しんだりしない人だった



【主訴】

 

《楽しんではいけない》を持つ者は、「何事も楽しめない」「楽しむことに罪悪感を感じる」「楽しむことを後回しにする」といった特徴を示す。

 

また、いつも「楽しいことを探し」をしていて、楽しいことをたくさんしようとするが、心から楽しめない者もいる。

 

* 何をしても楽しめない

 

* 心から楽しいと思ったことがない

 

* 楽しいことをする前か、した後に罪悪感を感じる

 

* 楽しいことをする前か、した後に体調を崩す

 

* 自分の好きなことややりたいことがわからない

 

* 「ラクをしてはいけない」「人生は苦しいものだ」と思っている

 

* わざわざ苦労をして、やりがいを感じる

 

* いつも「楽しいこと探し」をしている

 

* 睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒) :《幸せを感じてはいけない》

 

* 過眠症(ナルコレプシー) :《楽しんではいけない》

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

「親が不幸に耐え、楽しむことをがまんしている」「親が病気でかわいそう」といった状況下で、「自分だけが楽しんではいけない」と心に決めることで、《楽しんではいけない》が刷り込まれる。

 

また、楽しむことをしない親から「人生とは苦しいものだ」「苦労は金を出してでも買え」的な価値観を刷り込まれる場合もある。

 

* 親に悪いから、「自分だけ楽しんではいけない」と思った

 

* 親が人生を楽しまない人だった

 

* 「調子に乗って喜んではいけない」等と親に言われた


【主訴】

《くつろいではいけない》を持つ者は、くつろぐことができず、何もせずにのんびりと時間を過ごすことに罪悪感を感じる。

 

また、見かけ上、身体を休めてくつろぐことはできるけれども、心理的にくつろげない者もいる。

 

* のんびり、だらだらできない

 

* のんびりすると罪悪感を感じる

 

* 横になって身体的に休むことはできるが、心からくつろげない

 

* ついガンバリ過ぎてしまう

 

* くつろいでいると、自分の居場所がないと感じる

 

* いつも疲れている、でも、休めない

 

* 肩コリ、首コリ(つねに過緊張の状態)

 

* メランコリー型(定型)うつ病(うつ病で休んでいる自分を責める。うつ病なのに休養できない)

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

自分自身に厳しく、全くくつろがない親から、「くつろぐことは良くないこと」「努力なくして成功なし」といった価値観を刷り込まれた場合が多い。

 

また、休むことなく、いつも大変そうにがんばっている親の姿を見て、「自分だけがくつろいではいけない」と心に決める場合もある。

 

* くつろいだり、だらだらしていると怒られた(「だらだらしてないで、ちゃんと勉強しなさい」等)

 

* 「自分だけくつろいではいけない」と思った(なぜなら、「大変そうにしている親に悪いから」等)

 

* 両親がくつろいだり、だらだらしない人だった(「平日は仕事、週末も家事で働きずくめの母親」)

 

* 親からの汚染(「努力の先に栄光あり」「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」等)


【主訴】

《重要な存在であってはいけない》を持つ者は、「自分には価値がない」という感覚を持ち、自分に自信がなく、劣等感が強く、上司やリーダーなどの責任ある立場を任されると緊張して本来の力を発揮できない。

 

一方で、「自分には価値がない」という感覚に反抗し、偉大で重要な人物として人から認められるための過剰な努力をしたり、過剰な競争心を燃やして勝ち負けにこだわり、自分が重要な人物であることを証明しようと躍起になる者も多い。

 

こうなってしまうと、周囲から見てどれほどの成功者であっても、本人の心が満たされることはない。

 

* 「自分には価値がない」と感じる

 

* 自信がない

 

* 劣等感が強い

 

* すぐに「自分はダメ」と落ち込む

 

* 上司やリーダー等、責任ある立場を任されると緊張して本来の力を発揮できない

 

* 人前で緊張する

 

* 失敗を過剰に恐れる

 

* 人からの評価、人からどう思われるかが気になる

 

* 人の意見に流される。言いたいことが言えない

 

* すぐに「自分にはできない」と思ってしまう

 

* 人からほめられても素直に受け取れない

 

* 自分のことが好きになれない

 

* 自分のためにお金を使えない

 

* プライドが異常に高い

 

* 自分のすごさを人にアピールしたくなる

 

* 自分を他人と比較して、過剰に勝ち負けにこだわる

 

* 人からの批判、叱責に対して過剰反応する(不機嫌になる、落ち込む、攻撃で返す)

 

* 「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

抑圧的で厳しい親から「お前はダメだ」「お前に大したことはできない」「子どもは黙っていなさい」等と言われ続けたり、無視をされたり、馬鹿にされたりすると、子どもは《重要であってはいけない》と思い込む可能性がある。

 

現在でも、長男と他の子どもとの間に差をつけたり、男の子を女の子よりも優遇する地方や家庭が存在するが、そのような場合にも、長男や男の子以外の子どもに《重要であってはいけない》が刷り込まれることがある。

 

* いつも上から抑え付けられていて、自己主張を許されなかった。親が話しを聞いてくれなかった

 

* 「お前はダメだ」「お前にできるわけがない」といったように、親から否定ばかりされていた

 

* いつも怒られてばかりいた

 

* 親から「(自分のことより、)もっと人のことを考えろ」と言われてばかりいた

 

* 何かができたときだけほめてもらえた

 

* 自分以外の他の兄弟、姉妹ばかり可愛いがられた


【主訴】

《欲しがってはいけない》を持つ者は、欲しがることに罪悪感を感じ、自分の欲求を後回しにして他人を優先する。

 

さらには、「欲しい」という欲求を完全に抑圧して、自分が欲しいものややりたいことがわからなくなってしまう者もいる。

 

また、本当に欲しいものはわからないにもかかわらず、それほど欲しくないものを欲しがる者もいる(そして、永遠に心は満たされない)。

 

* 自分が欲しいものを「欲しい」と言えない

 

* 自分の欲しいものがわからない

 

* 人に頼みごとができない(罪悪感を感じるから)

 

* 人を優先して考える。自分は二の次。「家族のため」「親のため」等と考えていることが多い

 

* 「どうしたいの?」と聞かれても答えられない。「何でもいい」と答えてしまう

 

* 自分のお金なのに自分のための物を買えない

 

* 自分の欲しい物を選べない(レストランでメニューを見て選ぶとき等)

 

* 自分の欲求を素直に出している人を見るとイライラする

 

* 「いつでも欲しい」「何でも欲しい」状態で悶々としている

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

弟や妹のため、親や家庭の事情のために、欲しいものをがまんさせられたり、自らの意志で「欲しがってはいけない」と決心した経験を通して、《欲しがってはいけない》が刷り込まれる。

 

* 「あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)だから」と言われて、いつもがまんばかりさせられた

 

* 親のため、家庭の事情のために、欲しいものをがまんしなくてはならなかった

 

* 両親から「欲しがってはいけない」「がまんするのは良いことだ」と言い聞かされた

 

* 両親が自分の欲求を口に出せない人だった


【主訴】

《成し遂げてはいけない》を持つ者は、あと一歩のところでやり遂げられない、成し遂げる途中で興味を失い止めてしまう、という特徴を持つ。

 

「成功すると、嫌われる、妬まれる、人が離れていく」等と言った理由で、「成し遂げてはいけない」と感じる者もいる。

 

成し遂げるための行動を何もしようとしない者もいる。

 

* いつも成功の一歩手前で失敗し、最後までやり遂げられない

 

* 「成し遂げてはいけない」「何かを達成しても、そのことを人に言ってはいけない」と感じる(なぜなら、「成功すると嫌われる、妬まれる、人が離れていく」)

 

* 何かを成し遂げようとすると、なぜか途中で興味を失い、止めてしまう。

 

* すぐに「自分にはできない」と思ってしまう

 

* 成し遂げると(失敗しないと)、寂しくなる。悲しくなる(なぜなら、「人に振り向いてもらえない」)

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

完全主義の親に絶えず批判されて育つと、子どもは「自分は何一つ満足にできない人間だ」と受け止めて、《成し遂げてはいけない》が刷り込まれる。

 

スポーツやゲームでいつも子どもを負かしていた父親が、子どもが勝った途端に止めてしまえば、子どもには「俺に勝つな。さもなければ嫌いになるぞ」と解釈され、これが子どもの心の中で《成し遂げてはいけない》というリミッティング・ビリーフに変換される、という場合もある。

 

* 完全主義の親から「お前は何一つできない奴だ」と言われて育った

 

* 失敗ばかりを取り上げて非難された

 

* 成功して目立ったらイジメにあった

 

* 親からほめられて物事を最後まで成し遂げた経験がない

 

* 成し遂げたときに、親が悲しんだ。親が寂しそうにした(「親の役割を取ってはいけない」と感じた)

 

* 失敗したときだけ、親が自分の方を振り向いてくれた

 

* 成し遂げたときに、親(親友)が離れていった。遊んでくれなくなった

 

* 親に勝負事で勝ったら、親に嫌われた。親の機嫌が悪くなった

 

* 親から「成功すると人に妬まれるからいけない」「出る杭は打たれる」等と言い聞かされた


【主訴】

《成功を感じてはいけない》を持つ者は、目標を達成しても、達成感を感じられない(富士山の登頂に成功しても、「自分はエベレストには登っていないから、まだ、まだ、もっと、もっと」と感じる)。

 

* 何をやっても、どれだけやっても達成感がない。「まだ、まだ」「もっと、もっと」と感じる

 

* 今、自分ができている事に気が付いていない

 

* 次々にやるべき事が出てくる

 

* つねに「やるべきこと」をたくさん抱えている

 

* やりすぎて失敗する(身体を壊して身も蓋もない)

 

* 次々やろうとして、転職を繰り返す。事業を拡大しすぎる(「まだ、まだ」「もっと、もっと」)

 

* 過剰にがんばり屋さん

 

* ワーカーホリック(仕事中毒)

 

 

 

【刷り込みの場面】

 

子どもの頃に、何をどれだけやっても認めてくれない親から、「まだ、まだ」「もっと、もっと」「そんなんじゃダメだ」等と言われ続けると、たとえ何かを成し遂げたときでも達成感が感じられず、《成功を感じてはいけない》が刷り込まれる。

 

* 子どもの頃に、何をどれだけやっても親が認めてくれなかった

 

* 親からほめてもらったことがない

* 親から期待されずに育った

<  1  2 

Wedding Coach MIND UNIVERSE

あなたの最高の人生を一緒に歩んでくれる人に出会うために、

ますは、あなた自身を輝かせましょう♡

人生は、いつからでも変われます!!


電話番号:06-6955-3550

所在地 :大阪市北区梅田1丁目11番4号



サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム